2018年01月08日

炭火で棒まきパン!

最近の我が家のマイブームは、冬の庭でグランピング!

炭火で暖をとりつつ、色々焼きながらおいしくワイワイご飯を食べるのが、たべごろ流グランピング。冬場は棒まきパンと、あったかいシチューが最高の組み合わせです

棒まきパンは、竹の棒にパン生地をクルクル巻きつけて、遠火で時間をかけてじっくり焼き上げます。タオルでつかんで少し棒を回してみて、中の焼き加減がわかるようになれば、棒まきパン職人の仲間入り
20170108a

焼きたてパンは、外は香ばしくて中はふんわり。熱いですが、ホフホフしながら食べるのが最高においしいですよ。
まずは、焼きたてパンを味わって、満喫したら次はシチューにつけて食べると、少し甘みのあるパンにとっても合って美味しいよ 体もあったまります

<材料>
パン生地(9人分)
 強力粉 750g
 さとう 50〜60g
 バター 20g
 塩 8g
 ドライイースト 10g
 水 450cc

<作り方>
1.大きなボールに強力粉を入れ、さとう、バター、塩、ドライイーストを上に並べる。
2.60度のお湯を、ドライイーストにかけるようにしてボールに流し込む。
3.箸で混ぜて、おおよそ混ざれば手でこねる。
4.手にくっつかなくなって、ひとまとまりになったら、5分間こねる。
5.生地の表面が乾かないように、オリーブオイルを手で塗る。
6.ラップをかけて暖かいところで、2倍の大きさになるまで発酵させる(1次発酵)。
 目安は2時間くらい。
7.ふくらんだ生地をパンの個数に切り分けて、こねながら中の空気を抜く。
8.生地をクッキングペーパーに載せて、涼しい所でしばらく寝かせる(2次発酵)。
 目安は20分以上。

ちなみに、前日に下準備したときは、次の日まで生地をタッパに入れて冷蔵庫で保管すればOK。

冬は寒いけど、火を囲みながら賑やかにご飯を食べると、とっても楽しいです。


   
Posted by tabegoro313 at 18:41Comments(0)

2018年01月03日

おせちリメイク巻き寿司

お正月といえばおせち料理。
今年もたくさん作りました。

いつものおせちに、今回新しくちくわ門松が仲間入り!
20170102a

ちくわにインゲンをさして、人参とブロッコリーで飾り付ければ門松のできあがり!味は想像の域を超えませんが、見た目がそれっぽくて、お正月感UP!

写真ではよく見えませんが、かぶら漬けの汁で染めた、ピンクのうずら卵もかわいいです

ただ、元日は美味しく食べるんですが、二日目の夜になると「まだこんなに残ってる・・・」っていうのが毎年恒例。いつも食べきれずに残ってしまうので、次は少なめに・・・と思っていても出来上がると結構な量になってしまいます。

余ったおせち料理を美味しく食べたいなぁって考えて、今回は巻き寿司にしてみました

おせち料理は巻き寿司に合うものが揃ってるので
・だし物(しいたけの含め煮、昆布巻き、など)
・酢の物(酢ゴボウ、なます、レンコン、など)
を組み合わせれば、おせち巻き寿司が出来上がります。

そのほかにも残っている肉モノや伊達巻、エビ、キュウリなんかを加えれば美味しさアップ!
ノリにごま油を少し塗って、クルクルって巻けば完成。

ご飯は酢飯じゃなく、酢の物があるので白ご飯でOKです。
20170102b

今回の組み合わせ(写真手前から)
昆布巻きエビ巻きいくら載せ
・いくら
・エビ
・昆布巻き
・伊達巻
・ゴボウ
・なます
いくらの美味しさはありますが、主役は意外になますとゴボウ!この組み合わせは美味しいです。

サーモンレタス巻き
・サーモン
・レタス
・しいたけ
サーモンにしいたけを組み合わせたシンプル巻き寿司ですが、これも合います。

合鴨スモーク旨み巻き
・合鴨スモーク
・昆布巻き
・しいたけ
・ゴボウ
・きゅうり
旨みたっぷり食材の共演。家族のコメントは「複雑な味」とのこと。

巻き寿司に入らなかった食材は茶碗蒸しでいただきます。
あと、なますもたくさん残ってたのでポテトサラダに!
20170102c

ポテトになますと砂糖、マヨネーズを入れて和えるだけ。
酸味がほどよく効いたポテサラのできあがり!

お手軽かんたんに、おせちリメイク巻き寿司&サラダ、大成功

   
Posted by tabegoro313 at 09:27Comments(0)

2017年05月04日

ニンジンたっぷりドレッシング!

ニンジンがたくさんあって、新たまねぎの季節だったので、ニンジンたっぷりドレッシングをつくってみました新タマとトマトのサラダにピッタリ

20170504a

(材料)
・ニンジン 1本
・新たまねぎ 1/4
・オリーブオイル 100cc
・薄口しょうゆ 50cc
・レモン汁 大さじ1
・米酢 大さじ2
・さとう 小さじ1
・塩 ひとつまみ
 (さとうと塩はお好みで調節)

(作り方)
1.ニンジンの皮をむきます(むいた方が仕上がりの色がキレイ)
2.ニンジンとたまねぎをすりおろして、材料をまぜるだけ。
 (すりおろすのがけっこう疲れます・・・)

家で作るドレッシングって酸味を効かせることが多いですが、これは甘めでもおいしいです
スプーンですくって、色んなサラダにポテッと乗せて、はいどうぞ



   

2016年12月10日

クリスマスのサンタ練り切り

この前、丹波市に行った時に、すごくかわいいクリスマスのチラシを見つけました(クシャクシャですみません)。これ全部和菓子でできてるんです!すごーい
20161204c

丹波市の和菓子屋「御菓子司 藤屋」さんのチラシです。
クリスマスの2日間限定販売。ウチからは遠いので残念ながら買いに行けませんが、こんなかわいいの見たら食べたくなりました

見せかけだけでも、似たものを作ろうと、練り切りで作ってみました。

材料
白あん 250g
黒あん 250g
白玉粉 10g
水 大さじ1
抹茶 少量
食紅(赤) 少量
インスタントコーヒー 少量

1.黒あんを小さく丸める。(出来上がりの形にあわせて大小それぞれ作る)
2.レンジで使えるボールに白玉粉と水を混ぜてとかす。
3.そこに白あんを入れて練る。
4.ラップをしてレンジに入れ、600wで1分あたためて取り出して練る。
 レンジ→練るを3回繰り返すと、手にくっつかなくなります。
5.練り切りが完成するので、4つに分ける。(4種類作りたいので)
6.食紅の赤、抹茶、インスタントコーヒー、そのままの白の4色をつくる。
7.中に黒あんを入れながら、ここからは粘土細工です。

見よう見まねで・・・・できた!
クリスマスツリー、サンタさん、トナカイ、雪だるまです
20161204b
クリスマスツリーは抹茶味。ザルでこして木のフワフワ感を出しました。
サンタさんの帽子やおヒゲは、もう少し目が細かい茶こしを使ってます。
トナカイはコーヒ味。これが美味しい!目は海苔です
ゆきだるま君は、一番シンプルなお味。この子の目は黒ゴマです。

ほっぺの赤がポイント。ちっちゃーく丸めます。ほっぺを付けると可愛さ倍増
ちなみに、一番簡単なのはゆきだるま君。つぎはトナカイ、クリスマスツリーはちょっと手間がかかります。一番難しいのはサンタさんかな。

ポイント
・食紅は数滴の水で溶かして、練り切りにまぜます。多すぎ注意
・ベトベトしてきたらレンジをすると、手につかなくなりますよ。
・サンタさんは、赤と白のあんを半分ずつ、平たいポケモンボールみたいにして真ん中に黒あんを置いて丸めます。

本物の和菓子屋さんは、いちごや丹波黒大豆、丹波大納言、丹波栗など美味しそうな素材が詰まってて、味は全然違うと思いますが、気分だけは味わえました
20161204a

次は本物を食べてみたいな  

2016年07月16日

Happy Birthday ケーキ!

誕生日会のケーキ、どんなのにしようかな・・・
ということで、今回はちっちゃいロールケーキをたくさん並べてみました

20160716a

ロールケーキの真ん中に水羊羹をいれてみると・・・おいし〜
意外な組み合わせですが、すごく合います。
フルーツをたっぷりのせてとってもカラフルな仕上がり。作るのも楽しかったです。

次も、たべごろ家は羊羹ロールに決定〜

   
Posted by tabegoro313 at 14:50Comments(0)TrackBack(0)デザート & スイーツ 

2016年06月13日

ララベリージュース&チーズケーキ!

ララベリー飴に引き続き、次はララベリージュースをつくってみました!

・過去の記事「ララベリーがおいしい!

色がとても鮮やかです。アセロラっぽく見えますが酸っぱさはなく、ララベリーの香りと甘みのおいしいジュースに仕上がりました。
20160611b

(作り方)
1.洗ってからヘタだけとっって、 水分を拭き取ります。
2.ララベリー600g、氷砂糖500g、リンゴ酢150ccを容器に入れます。
3.冷蔵庫で氷砂糖が溶けるまで置いておきます。おおよそ4日ほどです。
4.実をガーゼで包んで絞り出して出来上がり
5.  原液:水 は  1:4〜5 で
レモンバーベナの葉を浮かべると、少し香りがよくなります。レモングラスやミントでもいいかも。
実は牛乳を入れてもおいしいです。


しぼった実を捨てるのはもったいないので、チーズケーキに入れて一緒に焼きました。
20160611c

 (材料)
・クリームチーズ 200g
・バター 大さじ1
・砂糖 60g
・卵 1個
・レモン汁 大さじ1
・薄力粉 大さじ2
・生クリーム 100cc
・しぼった後のララベリーの実 半量
 
(作り方)
1.クリームチーズとバターを練りあわせる。
2.砂糖、卵、レモン汁、薄力粉、生クリームの順に加え、ララベリーを入れて混ぜる。
3.オーブン皿に広げて、170度のオーブンで45分ほど焼く。

チーズケーキも色が鮮やかです。こちらも甘酸っぱいというほど酸っぱくはなく、ララベリーの癖のないフルーティな味が広がります。

ジュースとケーキをセットにしたティータイム。幸せ〜
ララベリー、まだまだ大収穫&大活躍中です

   

2016年06月08日

ララベリーがおいしい!

今年はララベリー(桑の実)がたくさんなりました。
5月の下旬から採れだして、まだまだたわわに実ってます。赤い実はまだ熟してなくて、黒くなるほど美味しくなります。
20160606b
最初はジャムにしてたんですが瓶に10本以上作ったので、違う食べ方と思って、お祭りで売ってるリンゴ飴みたいにしてみました。

(作り方)
1.ララベリー60個くらいを洗ってよく乾燥させる。
2.さとう100g、水25ccをよくまぜて、しらばくおいて泡を落ち着かせる。
3.ミニフライパン(うちのは14cmくらい)に入れて強火にかけ、触らず混ぜずに溶かしていく。
 ※混ぜると気泡ができてきれいな飴ができないんです。
4.まわりが 飴色になってきたら火を止めます。
5.ララベリーのヘタ部分をピンセットでつまんで、飴の中をくぐらせ、クッキングシートの上に取り出していきます。

ポイント
・飴がピンセットに付くと、置く時に糸をひくので気をつけて。
・飴が固くなってきたら、もう一度火にかけたら柔らかくなります。
・100円ショップのクッキングシートは飴がはがれなくなるのでNG。一度失敗しました

飴のカリカリとララベリーのプチプチがおいしい〜
甘酸っぱい味が口の中に広がります。
20160606c

作って一晩置くと、ララベリーの水分がでてきて飴が溶けてくるので、そのまま食べるよりヨーグルトに入れた方が、おいしい
20160606a

水分を程よく含むゼリーにすると、プチプチ感がさらにアップ
20160606d

去年はこんなに実らなかったのに、今年はホントすごい。数百個なんて単位じゃないです。さすがにこんなになると木の力が弱って、来年は実つきが悪いでしょうね。
よし!今年のうちに食べだめするぞ〜


   

2016年05月17日

魚を焼くだけじゃもったいない!

これ絶対便利!とすすめられた、Grlil Pizza Plateが、うちにやってきました。

魚焼きグリルにぴったり入るので、オーブン料理が手軽にできてしまいます。
レシピ集がついてて、ピザだけじゃなくて、びっくりハンバーグや、バナナケーキなんかもできちゃいます。

グリルピザプレート(うちではグリルパンって呼んでます)のもう一つポイントは時短。オーブンの余熱がいらないから短い時間で焼けるんです。
あまり使わなかったグリルが、最近は大活躍!ほんと「魚を焼くだけじゃもったいない」です。
20150719b

グリルに入る大きさだけに、大家族だと量がたりませんが、ウチだとハンバーグを作ってもちょうどの大きさ。ピザだと少し小さめなので、いろんな種類のピザを焼いて楽しめます。
20150719

最近流行りのスキレットと似てますが、重さが全然違って、グリルパンはすごく軽い!

本体は鉄なので、お手入れはちゃんとする必要があります。洗剤はNG。汚れを落として水気を取って、油を塗って保管です。ウチはいつもグリルに入れて保管してるので、場所取らず

ホームページには、いろいろ詳しく載ってます。
http://www.aux-ltd.co.jp/grillpizzaplate/

今のお気に入りは、プレートいっぱいにハンバーグを焼いて、家族でスプーンですくってパクリ
最高に美味しいです   

2016年03月04日

おひなまつり寿司

昨日はおひなさま。「おひなさま寿司」を作ってみました

20160304a

うずら卵のお雛様お内裏様の髪の毛は海苔なんですが、乾いたままの海苔だと全然くっつかないので、海苔を湿らせて(というか水につけて)からくっつけました。

牛乳パックで型をつくって、その中にごはんと具を交互に詰めていくだけなので簡単なんですが、立派な雛飾りにと、ついついボリュームアップしてしまいます。

結局ウチでは、立派すぎて食べ切れませんでした
でもひなまつり気分満喫の、とっても楽しいお寿司で、大満足です。


   
Posted by tabegoro313 at 08:02Comments(2)TrackBack(0)ばんごはん 

2015年12月24日

サンタイチゴとアイスケーキのクリパ!

恒例のクリスマスパーティの季節がやってきました!

今年のメニューはこんな感じ。
・ポテトサラダツリー (中に何が入っているかはお楽しみ)
・サーモンのカルパッチョ
・フライパンで作るチキンとエビのグラタン
・パンプキンスープ(玉ねぎ入れるの忘れてました)
 ・クリスマスといえばコレ!ケンタッキー

そして・・・イチゴのサンタさんです!
20151224a

テレビでもよくやってて、有名らしいんですが、ウチでは初めて!かわい〜
生クリームと、ごましおの「ゴマ」を使って目をつけました。

そして、今年のクリスマスケーキは「サーティーワンアイスケーキ」です!
これも初めてだったんですが、いざ切り分けようとすると・・・固くて切れない!!
電子レンジで0度に解凍してやっと切れました。アイスをレンジで温めたのは初めてです。

いろいろトラブルもありましたが、今年も楽しいクリパ!大成功です!

   
Posted by tabegoro313 at 08:02Comments(0)TrackBack(0)デザート & スイーツ